八旗農園 白桃 カット

桃一個を贅沢に使った、果実の美味しさ全てを伝えるほど濃厚なユウナギのファジーネーブル

2020.05.12 update

毎年、夏だけの贅沢 上品な酸味と甘み

ユウナギ

銀座に店舗を構え10年、様々な人々が集まり雑誌の取材やドラマ等のテレビ番組にも多く利用されるBAR ユウナギ。
季節ごとに特別な旬の食材を厳選し、その魅力を伝える事に努めています。
当ストアでは、ご提供している青果の一部を販売しております。

八旗農園の白桃

7月上中旬から8月中旬にかけてのユウナギの定番は、桃一個を贅沢に使ったファジーネーブル。
その味わいは初めの一口を啜るだけで、桃の美味しさの全てを伝えることができるほどに濃厚。
甘味と酸味の渾然一体とした味わいが自慢のカクテルです。

特別な桃の生産地 桃源郷を訪ねる

特別な桃

ユウナギでは時期ごとに複数の特別な桃をご提供いただき使用していますが、オンラインストアのスタッフは今回、ユウナギに桃をご提供いただいている農園の一つ『八旗農園』を訪ねました。

桃源郷

八旗農園の位置する和歌山県北部、紀の川市桃山町は、江戸時代より桃の栽培が行われていた歴史ある桃の生産地。紀の川と山地に抱かれたこの地域は温暖で水はけの良く平地が少ない土地柄から桃の生産に非常に適しており、桃山町が以前安楽川村という土地であったことから、この地で生産される桃は『あら川の桃』(※商標登録)と呼ばれ市場で高く評価されています。

紀の川沿いには、八旗農園の他にもたくさんの桃農家の畑が並ぶ『桃源郷』。スタッフの訪れた開花の時期や収穫期には多くの人が訪れます。本来地元で消費される特別な桃をユウナギオンラインストアにもご提供いただける事になりました。

農園のこだわり

八旗農園 高平さん 中浴さん

八旗農園は、伝統的な『あら川の桃』の農法を守りつつ、良いと思った事はどんどん取り入れる方針。地面に遮根シートを敷き、その上に培土を盛って樹を育成する盛土式根圏制御栽培や、植物のツボ(高電位箇所)と呼ばれる箇所を特定し、ツボに対して特殊ネジの施術および太陽光発電を利用した微弱な電気刺激を与えるニードル農法を桃栽培では全国で初めて取り入れるなど、新しい栽培技術を取り入れ日々研鑽を重ねています。
※写真は八旗農園の高平さん 中浴さん。桃の事以外にも、土地の事や紀の川について様々なお話をうかがいました。

ユウナギでのご提供

桃のご提供

桃というものは特別な果物。ユウナギではそのまま切り分けてお召し上がりいただいている他、カクテルとしてもご提供しています。
農園から届いて箱を開けた瞬間から、店内に桃の上品な香りが広がります。お客様がお店のドアを開けると、桃を見る前から「今日は桃だね」とのお言葉をいただきます。

時期ごとの味わい

ユウナギ 店内

収穫時期ごとに、異なる厳選された桃を使用しています。白鳳は水分が多く甘みの強い桃。清水白桃は上品な後味が特徴です。川中島白桃は確かな甘みとしっかりとした食べごたえで、この桃で料理やデザートづくりに挑戦してみるのも良いかと思います。

ユウナギのファジーネーブル

ユウナギ 店主

ファジーネーブルは本来、ピーチリキュールとオレンジジュースで作ります。
ユウナギではピーチリキュールは使用せず、厳選された桃と国産オレンジのフレッシュジュース、アルコールはプレミアムウォッカを使用します。

「材料」
・皮を剥いた白桃(L玉) 3/4
・フレッシュオレンジジュース
・はちみつ 大さじ1杯
・プレミアムウォッカ 20ml
・クラッシュアイス 少量

材料の全てをブレンダーで撹拌します。オレンジジュースの代わりに、グレープフルーツジュースでも美味しく作ることができます。柑橘の果汁を入れると、桃の変色をかなり抑えることができます。

完成

白桃とファジーネーブル

完成。夏の香りと共に、みずみずしい果実感をお楽しみいただけます。

八旗農園「あら川の桃」 商品一覧